2 Early London engraving

銅版画45年の追想 ー 初期ロンドン エングレービング

英国滞在中に海を渡り憧れのヨーロッパ大陸の国々を訪れた。1977年にフランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、スイス、イタリアに、78年にはギリシャを友人達と一緒に旅をした。各都市の教会や美術館を訪れ、絵画や彫刻を現地で鑑賞出来たのは旅の大きな収穫だった。パリからロンドンに帰ると友人のフォトグラファー、佐藤 孟志さんからある英国人アーティストがスタジオをシェアーするアーティストを探しているとの情報が入った。早速連絡してイースト ロンドンの町、ウォッピングに出かけた。地下鉄の駅を降りると石畳みの道の両脇に重厚な煉瓦造りの倉庫が立ち並んでいた。殆どの倉庫が使われてなく、そのなかには天井が崩れ落ちた倉庫もあって、荒涼とした雰囲気が町中に漂っていた。駅から少し歩いたウォッピング ウォールという通りにウェアハウス D が建っていて、その6階がスタジオだった。内部はテニスコートほどの広い空間があり、床は綺麗に磨かれていて、部屋の奥のドアの下にはテムズ川が幅広く拡がっていた。私は日本で木版画を習ってきたジィディス ロッキーと陶芸を習ってきたロス マッカラムに会った。私がスタジオを気に入ってシェアーさせて欲しいと伝えると快く受け入れてくれた。70年代の中頃からアーティスト達が使わていないイースト ロンドンのテムズ川沿いの倉庫をスタジオに改装して移り住み始め、私はウォッピングに住んだ最初の日本人アーティストだった。近隣の倉庫も改装されていて、週末はどこかのスタジオでパーティーが催され、私は大勢のアーティスト達と出会い楽しい時間を過ごした。ロンドンではもう一人のフォトグラファー、加藤節夫さんと知り合った。ある日ウォッピングに遊びに来られて、 ここは倉庫ばかりの特殊な町だから記録をすると良いよと言われて、広角24ミリのニッコールレンズを貸してくださった。天気の良い日に私は高額なレンズを自分のカメラに装着して、広大なドック跡やタワー ブリッジに続くウォッピング ハイ ストリートに立ち並ぶ倉庫群をモノクローム フィルムで撮影した。日本に帰国して三十本ほどのフィルムを現像して印画紙に焼き付けた。その画像を基にしてエングレーヴィング手法で風景を描く計画を立てた。80、90年代に精力的に制作して18点のロンドンの風景作品が完成したが、その作品のリアリティーは写真による取材とその風景を見て感じた個人的な経験に裏ずけられている。ところで私が英国のビィクトリア、エドワード期の産業革命の遺産と言えるべき古い建造物に興味を持ち、それらが朽ち落ちている事象を描こうとした理由は繁栄していた時代への憧れだろうか?ノスタルジーだろうか? ともあれ私は朽ち落ちる物へ哀悼の気持を抱き、その時間の流れに協調するように一本ずつ線を彫り刻む行為を慈しみ、また楽しんだことは確かだ。

During my stay in the UK, I crossed the sea and visited the continental countries in Europe.  In 1977, I traveled to France, Belgium, Netherlands, Germany, Switzerland and Italy.  In 1978 I traveled to Greece with friends.  I visited churches and museums in each city and looked at the paintings and sculptures and enjoyed my vacation.  When I came back to London from Paris, I got some information from a friend, Motoshi Sato who was taking photographs of Londoners.  He told me that English artists are looking for an artist who will share in the use of a studio.  I immediately made contact with the artists, and went to the city of East London, Wapping.  When I got off the underground station, there were heavy brickwork warehouses on both sides of the stone pavement road.  Most warehouses were not used, and there were some warehouses which the ceiling had collapsed, and a desolate atmosphere was drifting throughout the small town.  Warehouse D was standing in Wapping Wall, where I walked a bit from the station and on the 6th floor was the location of the studio.  There was a space as large as a tennis court, the floor was beautifully polished, and the river Thames spread widely under the door behind the room. Judith Lockie who learned woodcut prints in Japan and Ross McCallum who learned ceramic art were living in the studio.  They greeted me warmly when I told them that I liked the studio and would like to share it.  From the mid-70s, artists were remodeling the warehouse into studios, which were not being used at the time, and then moving into them.  I was the first Japanese artist to live in Wapping.  The neighboring warehouses were also renovated into studios, and on the weekends there would be a party at some studio or another, and I had a good time interacting with a lot of artists.  I met another photographer in London, Setsuo Kato, one day and he came to Wapping and told me that this is a special place, and it is good to leave a record of this town, and he lend me a 24 mm wide Nikkor lens.  On a fine weathered day, I attached the high-priced lens to my camera and photographed the warehouses which stand on Wapping High Street following Tower Bridge, and the huge dock ruins with monochrome film.  The main photographs were exhibited at Gallery Uesuto in Ginza, Tokyo, in 1996, but some of photos of composition and depth were transformed into engraving work and I energetically produced in the 80s and 90s.  By the way, in order to make a certain landscape a printmaking work, sketching on the ground is the basic method, but it is convenient to take picture when it is impossible or time consuming. You can place the details accurately and have a realistic image when you have experiencedseeing the location yourself.  In addition, although it is a special case in printmaking, in order to make an actual scene a printmaking work, you have to draw a picture with a mirror image on a plate.  You can print a mirror image by turning over negative film when printing the photo.  Representing the photograph with a line and printing, it will be the same as the actual landscape.  I was interested in old buildings that I should say the past heritage, and why I tried to engrave the decaying scenery, was it posterity? Is it nostalgic? In any case, it is certain that I feel thankful to these things that decay and age over time.  I am grateful to them all, and enjoyed the act of engraving the single line one by one, to coordinate with the flow of time.

“Smithfield Market” Trial proof No. 7 7th May 1984

“Rotherhithe Tube Station” Trial proof No.7 4. Oct, 1984

“River Side In Wapping” Trial proof No.5 6th Dec, 1984

“The Inner Temple” Trial proof No.7 30th July 1985

“Metropolitan Wharf” Trial proof No.6 9th Nov,1985

「ENGRAVED LONDON Ⅰ,Ⅱ」画集が出版された1994年、日本ではよく知られていない街の風景を描いたので、その場所を紹介するためにエッセイを書き画集に添えた。その一部を抜粋して掲載する。

久保 卓治 1994年

In 1994 when "ENGLAVED LONDON Ⅰ and Ⅱ" portfolios were published, I engraved landscapes of the city where tourists do not often go; so, I wrote a short essay to accompany the portfolio. Pick out a part of it and post it. 

Takuji Kubo 1994


Smithfield Market
もう16年も前のある日、シティから例によってカメラをぶら下げて歩いていたら、道路に沿ったやけに長い建物にき気がついた。これは何かあるぞと感付いて中をちょっと覗き込んだらさあ大変、天井の高い建物の内部には沢山の電球が明々と点っていて巨大な肉片が吊り下げられ、労働者たちが忙しく肉の塊を運んでいるではないか。これはすごい所へ来てしまったと体が震えて興奮した。これが世界最大級のスミスフィールド ミート マーケットとはついぞ知らなかった。中に入ってみたくなったので建物の脇にあるオフィスのおじさんに訊いたら快く承諾してくれたので、ついでに写真をとってもいいかと厚かましいお願いまでしてみたら、胸を指しつつ許可者用のバッジを渡してくれるではないか。開放的なところが実にメトロポリタン都市、ロンドンらしい。早速マーケットを隅々まで歩き回ったが、おが屑が撒かれた中央の通りの両側には卸し業者の店々が整然と並んでいて、ベジタリアンの貴方なら卒倒しそうなくらい巨大な豚や牛が全身逆さまに所狭しと吊り下げられていて、白衣を着た労働者が突然の訪問者にウインクを送ってきたりする。ビクトリアン様式の装飾が施された鋳鉄製の柱や扉が誠に美しく、ガラス天井からは燦々と日光が差し込んで、何の変哲のないどちらかというと薄汚れた建物の外観からは想像がつかないほど明るく清潔なマーケットで、肉がとてもおいしそうに感ぜられたのであった。

The time when I came across Smithfield Market, I was just wandering about town. It was sixteen years ago. One day I started to walk from the City holding my camera and I noticed a long building standing along the street. I felt something suspicious and looked into the building. Then I saw a splendid sight! There were hundreds of electric lamps hanging from the high ceilinged building. Huge pieces of meats were hung everywhere and workers were busily caring lumps of meat. I was so excited by this amazing spot that I found my body was shaking. I really didn’t know this was Smithfield Market, the biggest meat market in the world. I wanted to go inside so I went to the office and asked a man to let me in. He gave me permission pleasantly, and I made the impudent request to take photographs. Pointing to my chest, he passed me an official badge. I felt great that he had such a liberal feeling but this is typical of London, the great metropolis. I rushed into the market and walked around every nook and cranny. There were many shops of wholesale dealers on both sides of a central street which was scattered with sawdust. If you are vegetarian, you might faint. Huge carcasses of pigs and cows were hung upside down, side by side. A worker in white clothes winked to the unexpected visitor. I saw beautiful columns and gates made of cast iron in the Victorian style. Sunshine came in from the glassed Ceiling making the market so bright and neat, as I could have never imagined from desolate looking outside of the building. The meat looked so delicious to me.

Rotherhithe Tube Station
サークル ラインの電車に乗りホワイトチャペル駅で降りると、ホームの脇からイースト ロンドン セクション ラインという短い支線があって、川向こうのニュー クロスまで延びている。ウォッピングを過ぎてテムズ河のトンネルをくぐるとロザハイズ駅、これらの駅はローカル線の為か、かなりうら寂しい。ロザハイズ駅には僕たちが若かった頃、鉄道の駅で見ていたのとそっくりの木製の階段があって、ロンドン広しといえどもこんな階段は珍しく、また懐かしくもある。(中略) 2年前久しぶりにロンドンに行ってロザハイズ駅を訪れたが、ホームに降りるとどこか昔と違うのだ。よく見るとあの懐かしい階段が取り壊されて、なんと両面が透明なアクリル板の近代的なエスカレーターに変えられていたのである。エスカレーター以外は15年前とほとんど同じなのに、それだけが真新しく何ともミスマッチで、おかしくなって笑ってしまった。毎日駅を利用している人達にとっては便利になっただろうし、エスカレーターができるなんてロザハイズ駅の歴史にとっては画期的な出来事だろうが、他を改装しないのなら階段はそのままにして欲しかった。こんなことを考えるのは、たまに訪れたツーリストの余計なおせっかいかもしれないなどと思ったり、ロンドンもたまには変わるんだと自分を納得させたり、複雑な気持ちで駅を去ったのであった。

If you get on a Circle Line train, and get off at Whitechapel station, you will find the short East London Section Line beside the platform. This line extends to New Cross across the river Themes. The train goes to Wapping and passed under the River Themes Tunnel to get to Rotherhithe station. These local line stations are rather desolate. In Rotherhithe station, there were wooden stairs such as we used to see at railway stations when we were young. I haven’t seen stairs like it at any other station in London. It’s very unusual and nostalgic in feeling.(omission)Two years ago, I went back to London after a long absence and visited Rotherhithe station again. When I got onto the platform, I felt something was different from before and looking around, I found the charming wooden stairs had gone and had been replaced by modern escalators with clear acrylic boards on both sides. The sight of the station was the same as it was fifteen years ago except for the bright new escalators. It was such a mismatch that I couldn’t stop laughing. I thought it must be convenient for daily passengers but it was an epochal event in the history of Rotherhithe station to put in escalators. I wished the stairs had been left because they hadn’t rebuilt the rest of the station, but I realized that this might just be an officious idea of a mere tourist, so I persuaded myself that London has to change sometimes, and left Rotherhithe station with mixed feelings.
River Side In Wapping
テムズ河は日本の河とも、また他のヨーロッパのセーヌ河やライン河とも違った趣きのある河である。大河といえば上流から下流に大量の水が流れているイメージを抱くが、ロンドンでテムズ河をよく観察していると、時には下流から上流に向かって水が流れたりすることもある。これはイングランド南東部全域が平坦な低い土地で海の水位とあまり変わらなく、ロンドンは海から75キロメートルも上流にあるにもかかわらず、北海の海水が流れ込んでいるのである。従って、ロンドンはテムズ河に天然の良港を有していると言える。海からの潮の満ち干きはテムズ河の風景を、日々変えて僕たちに見せてくれる。ある日は多量の水で満ち溢れんばかりなのに、次の日同じ時間に行くと河床を半分以上見せて、まるで水のなくなったダムのような情けないテムズだったりする。僕が住んでいたスタジオはテムズ河に面していて、夜寝ているとそれまで静かだった河が、ある瞬間からピチャピチャと潮が満ち始める音が聞こえたりして風情がある。朝、空が白む頃テムズを見ると、河面全体に霧がかかっていて印象的な光景だ。また、いつまでたっても暮れない真夏の夕方など、パブでビールでも飲みながらテムズを眺めるのも、何事もなくまたよい。

The Themes is an elegant river, and different from rivers in Japan and Europe.  With a big river, we have the image of a great quantity of water flowing from up-stream to down-stream, but if we watch the river Themes in London carefully, we will find the water sometimes flows from down-stream to up-stream.  There is a reason.  The south part of England is completely flat and low so there is little difference between the land and sea water level.  London is located eighty kilometers upstream from the sea, but the North Sea water flows into it. Therefore we can say that London has an excellent natural harbor in the river Themes. The flow and ebb of tide changes the Themes each day, and it shows us various sights.  One day we see the Themes filled with water, the next day at the same time, we will find it showing us over half of the bottom which is a miserable sight like an empty dam.  I was living in a studio, facing the Themes and when I went to sleep at night, I sometimes heard the sound of the tide starting to flow, it was so elegant.  In the early morning when the sky grows light, the Themes gets misty all over and it’s a very impressive sight.  In the evening, it doesn’t grow dark for a long time in summer, and watching the Themes while having a beer in some pub is very peaceful.

The Inner Temple
テンプル法学院はシティのはずれにあり、元は聖堂騎士団の領地で、14世紀頃からイナー テンプルとミドル テンプルで法律家を養成していた中世の面影が残る由緒ある処である。晩春のある日、僕はブラック フライアーズ橋を見ながらビクトリア エンバンクメントを歩いていた。この通りの並木の脇に庭があり、ちょっと中へ入って行った所で素晴しく美しい建築を見つけた。この背の高い建築の中央にはゲートウエイがあって狭いレーンがストランドの方へ延び、その姿は誠にユニークでしかも優雅だった。しばらく立ち止まってその建築を眺めていたが、いたるところにルネサンス様式の彫刻やレリーフが施されていて、惚れ惚れするくらい美しかった。

The Inns of Court are located on the edge of the City.  They use to belong to the Knights Templar, and there were students of law studying at the Inner Temple and Middle Temple from the 13th century.  The place still has the appearance of the Middle-Ages.  One day in late spring, I was walking on Victoria Embankment looking at Blackfriars Bridge. There was a court behind the tree off the street, I went to look, and I found this splendidly beautiful building with a gateway in the center and a narrow lane extending towards the Strand.  The sight was unique and elegant, I stood and watched it.  It was covered with sculptures and reliefs in the Renaissance style, and I fell in love with its beauty.

Metropolitan Wharf
テムズ河沿のウォッピングの町は17、18世紀には海外から出入りするの帆船で賑わい、沢山の労働者が各地から集まって貧困な生活をしていた。また船乗りたちは長い航海を終えると、この町で酒と女に給料を全て使い果たした。今も残る石畳のウォッピング ハイストリートの両側には、当時140軒もの飲み屋と売春宿があり、ロンドン中でいちばん風紀や治安が悪く、殺人なども多発した恐ろしい所であった。(中略) ともあれ僕は1977年から2年3ヶ月ウォッピングに住んだが、その頃は空倉庫ばかりの寂しい町になっていて、小さい町なのにやけに立派な警察署跡が当時のなごりを残していた。恐らく僕がウォッピングに住んだ最初の日本人だろうが、この評判の悪い街が好きで、メトロポリタン波止場の倉庫の一角のスタジオで楽しい時を過ごした。

Wapping which developed along the river Themes in the 17th and 18th centuries was crowded with many clippers coming in and out from going overseas.  Enormous numbers of workers gathered there, and they had a tough life.  When sailors finished a long voyage, they spent all their wages on wine and woman in this town.  There were about one-hundred and forty drinking places and brothels around Wapping High Street, the stone pavements of which still remain today.  In the old days, Wapping was the worst area for public order and morals in London, and there were often murders there, it was a dreadful place.
 (omission)
Anyway, when I lived in Wapping for two years and three months from 1977 through 1979, the area had changed and was desolate with many empty warehouses.  It was strange to see a big police station ruin in the center of such a small area but it was a vestige of these days.  I was probably the first Japanese to live in Wapping.  I loved this town with its bad reputation, and had very good time sharing the studio in the warehouse at Metropolitan Wharf. 


90年代に静岡県の美術大学で非常勤講師として務めたことがあり縁があって1995年静岡市のギャラリー葉音でロンドンのエングレービング展が催された。当時その大学で講師をしていた土屋和男氏が私の個展で作品を見て、深い考察の文章を執筆してくださったので一部を紹介する。

遅い写実 久保卓治 版画展「エングレービング」土屋和男 1995年

この展覧会の題名になっているエングレービングとは、銅版画の一技法である。それによって刷られた版画は、非常に細く精緻な線によって構成され、それぞれの線は注意深く丁寧に彫られるため、一枚を仕上げるのに3ヶ月から半年ほどの時間を費やすこともまれではないらしい。さして大きくない作品を仕上げるためにかける、この時間に思いを駆せるとき、作者の彫琢する対象に向かう態度とその行為とに、関心を寄せずにはいられないのである。エングレービングとは、前述の技術であるとともに、エンーグレイヴ、すなわち内側 ー 墓、墓に文字を刻み込む、という意味と、さらにそこから派生する、心に刻み込まれた、という意味をもつらしい。 そして、墓という語からもたらされるイメージは、懐かしさ、諦め、そして何よりも悲しみである。久保氏の作品は、これらの心象に対応する映像として、まさに物理的に、刻み込めれたとは言えないか。(中略) 氏がその映像のなかにみている記憶の内容について、当方は知る由もない。しかし、それを写しとろうとした衝動、より適切には、もっとゆっくりと醸された思い込みを感じとることはできる。こうした論法を確信をもって言い得るのは、作品の完成に至るまでの遅さと、すべてが線によって描かれて、線の集積であるがゆえの画面の写実性にある。ギャラリーに展示されている作品の前で久保氏は、それらをみて思い出すのはそれを制作していたときの生活や、さらにはそのとき聞いていた音楽などと言う。どのような過程や手法をとるにせよ、それらの記憶が作品のなかに込められるのは、制作者であるならば多かれ少なかれ体験することではあろうが、記憶の残りやすさという点ではエングレーヴィングという手法の、大きな肉体の運動を伴わない、単調な身振りと、それを持続させている時間の長さにあるのではないか。ここに必要なのは、いわば生活を賭して、ひとつの映像につきあい続ける、忍耐強さにほかならない。それだけにより一層、映像に込められた作者の思いに蜜着した感情を抱かずにはいられない。