《1967年 駒井哲郎》 《Tetsuro Komai 1967》


 
2020年は駒井哲郎生誕100周年でしたが、パンデミックの影響もあり特に展覧会の企画もなく静かに暮れようとしています。僕の友人、版画コレクターのケイ・カワグチ氏から連絡があり僕の恩師、駒井哲郎教授を1967年撮影した古いネガ・フィルムが見つかったのでプリントして欲しいとの依頼がありました。送られてきたフィルムを見るとアトリエのエッチング・プレス機の背後に懐かしい表情の先生のショットが遺されていました。早速僕はフィルムの画像をコンピュータに取り込み、デジタル編集をしてプリント・アウトしました。カワグチ氏と相談して6枚のポートレートを選び、インスタグラムで公開して世界の版画愛好家とシェアーすることになりました。皆様が駒井哲郎の短い銅版画家人生の中で最も充実した時期の気迫あるポートレートを楽しんでくださることを願って止みません。

2020年12月 アーティスト・エングレーバー 久保卓治
 

2020 is the 100th anniversary of the birth of Tetsuro Komai, but it is about to end quietly without any exhibition. A friend of mine, print collector Kei Kawaguchi contacted and requested me to print an old negative film of Professor Tetsuro Komai, shot in 1967. Looking at the film that was sent to me, I found shots with a nostalgic look behind the etching press in his atelier. Immediately I took the film image into a computer, digitally edited it and printed it out. After consulting with Kawaguchi choosing 6 portraits, and we decided to publish and share them with art lovers around the world on Instagram. I hope that everyone will enjoy the spirited portraits of Tetsuro Komai's most fulfilling period in his short life as an etcher. 
 
December 2020, artist engraver Takuji Kubo

《速い写実》駒井哲郎 《Realism First》Tetsuro Komai

Portrait, photographed by k. Kawaguchi 1967
今年2020年は駒井哲郎生誕100周年で、私が1973年から4年間駒井教授に銅版画の指導を受けた体験を振り返って、駒井芸術の本質を追求しました。また私はこれまで明らかにされなかった事実を、家族や友人達の証言を基にして芸術家、駒井哲郎の原像に迫りました。この記事を読む多くの人々が過去の事実の誤謬を拭い去り、駒井芸術の美の本質を再び探求していくことを願って止みません。

This year, 2020 is the 100th anniversary of the birth of Tetsuro Komai, and I looked back on my experience of being taught artist engraving by Professor Komai for four years from 1973, and pursued the essence of Komai art. I also approached the original statue of the artist based on many testimonies of families and friends had not been revealed so far. I hope that many readers of this article will wipe away the errors of the past and re-explore the essence of the beauty of Komai art.